タカラトミーから発売される小学館の図鑑NEOGlobeは高機能で面白い

タカラトミーからタブレット付きおしゃべり地球儀「小学館の図鑑NEOGlobe(ネオグローブ)」が来月7月11日に発売されます。

この地球儀の特徴は何と言っても音声ガイダンス機能を搭載したところ。地球儀の台座に4.3インチのタブレット(グローブパッド)を搭載し、タッチペンで地球儀にある国を押さえるとその国の情報をタブレットに表示しつつ、音声ガイダンスで解説をしてくれます。

小学館の図鑑NEOシリーズの6冊と、るるぶ(旅行ガイド)からピックアップしたという15,000以上の情報が収録されており、世界の文化をテーマにしたゲームや学習アプリ、クイズなども搭載されているので子供でなくても楽しく学習出来ます。

面白いのは、取り外し可能のパッドはカメラ機能があり、撮った写真を国別に保存(カレーの写真を撮ってインドのページに保存するなど)出来るので、自分だけのオリジナル図鑑を作ることが出来るという。

大きさは275×253×416mm(幅×奥行き×高さ)で本体とグローブパッドは、それぞれに単三形アルカリ乾電池4本です。TYPE5U対応ACアダプタ(別売)があるのでそれを使うことも可能です。初回限定で購入特典としてこのACアダプタが付属するので購入するならお早目がオススメです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*